小4、英語でのタイピング練習とQuizletを始めてみました

上の子は4年生になり、毎日6時間授業やクラブ活動が始まったりと多少忙しくなったり、放課後に友達と遊びたい気持ちが強くなったのもあり、英語に充てる時間が取りにくくなってきました。英語に関しては、親目線で見ても伸び悩んでいると感じることもあり、気分転換に今までとは違ったことをしてみようと思い、タイピングの練習をすることにしました。

使っているのはRazの本。読書や音読はこのまま続けて欲しいので、本を読んでクイズも終わった後に巻末のワードリストをタイピングするという感じです。
201905
Googleスプレッドシートを利用。入力後Googleドキュメントに全選択でコピペしてスペルチェック(なんかもっといい方法あるかも)。

まだうちの子供は日本語力が足りず、漢字や熟語はもちろん概念も知らない日本語の単語が多いので、大人のように市販の英日の単語帳で効率よく学習するのは無理だと感じたため(日本語も語彙が足らんのです)、とりあえず英単語は英英で覚えていくことにしました(覚えてほしいなぁ)。同時に日本語も単語やその使い方を覚えていってほしいところではあるけど、そこは日本に住んでるし学校でも教わるし普通に身についていくかなとまだ楽天的に考えています。

せっかくなので、単語帳として活用できれば尚良しということで、Quizletの子供用アカウントを作りました。利用に年齢制限はないのですが、13歳未満の場合は子供の年齢で登録後、親のメールアドレス経由で子供アカウントを認証する必要がありました。

スプレッドシートで50単語くらい溜まったら、Quizletの学習セットを作成してインポートからコピペで登録。
201905
(画像左)単語、定義ともに音声が聞けるのがいいなと思いました。
(画像中央)学習機能で効率的に学習できるはず!
(画像右)マッチゲーム。これは子供が割と進んでやりたがる。

タブレット端末で空いてる時にやってるはず。なんだか難しい年頃らしく、やってる~?などとうっかり声を掛けると、今やろうと思ってた!言わないで!と半ギレ気味の反応が返ってくるので、あまり干渉したくない。方法としては良さそうに思うんだけど実践できるかどうかはわからない感じですかね。一通り学習セット作成までの手順は教えたので後は一人でやってくれるといいけど。

タイピング練習をやることにしたきっかけは、先月英語のタイピングゲームをやらせてみたら割と早々に即死したこと。そういえば去年の夏にPythonでプログラミング学習を始めてみたとき全然進まなかったのはタイピングが身に付いていなかったからだと思い至りました。当時を振り返ってみると、本を読み進めるよりもタイピングに時間が掛り過ぎてそれだけで疲弊してほとんど進めず夏休み終了という残念な幕引きでした。

さらに、タイピングが早くなればオンライン英会話でライティングのレッスンも受けられるようになるかなというのもあり。Side by Side 4が終わって、先月からデイリーニュースを始めてみました。ここにwritingのレッスンも加えていけたらなと画策中。これまで作文を重視してこなかったので、スペリング等怪しいところがかなりあるのでなんとかしたいところ。
英会話(子供英会話ページ)

そろそろ自分で学習できるようになって欲しいのだけど、学校の読書活動で読書数の記録を出したいとかで和書を読んでることが多くてなかなか洋書を手に取らないな~という現状での苦肉の策というか。もちろん和書もたくさん読んで欲しいのでこの調子で読んでいくのは大賛成。あー、あと日本語での作文の練習もした方がいいかなと思っています。書くの難しいよね。

タイトルとURLをコピーしました