小学生の英語学習にくもん出版の『中1・中2英語(これでだいじょうぶ!シリーズ)』を買ってみました

小学2年生の上の子供用に購入。
夏休みの終わり頃に子供の英語ワークブックとしてFlash Kidsの『Language Arts, Grade 1』をやることにしたのですが、数ページしかやらず。先に『Spelling Skills: Grade 1』の方からやりたいと言い出したので(確かに内容的にspellingからの方がとっつきやすい)、そっちをやり始めたのですが、そっちも半分くらいでやらなくなってしまった。えー。やりたいって言ってたのになあ。子供の扱いというか学習管理って難しいなあ。自分でやることを決めて自分で進んでやってくれたらいいんだけど。宿題すら私が言わないとやらなかったりする。学校から持ち帰った洗濯物もすぐに出さないし、次の日の授業の準備も忘れるし(寝る前に親に言われて慌ててやってる)、生活習慣レベルでだめぽ。いつも私が「〇〇やった?」と言うと「あ!そうだった!」とか言ってやり始めるんだけど。毎日言うの疲れるし、でもやった方がいいと思うしでほんとにこまったんがー。

↓前回の記事

オンライン英会話の他にlanguage artsのワークブックをやることにしました
上の子のオンライン英会話でやっている教材Let's Go。book 5に入ってからだんだん難しくなってきたようで、ワークブックも間違いが増えてきたし、ちゃんと覚えてないみたい。レッスン中の先生とのやり取りではちゃんと出来ているみたいなんだけ...

とはいえ、英会話の時にもうちょっと文で話ができるようになったり、文で書けるようになって欲しいので、もうちょっと易しい感じのワークブックをやらせることに。もうこの際、日本の出版社の本でもいいんじゃないかということで、書店でいろいろ見た結果、くもん出版の『中1・中2英語(これでだいじょうぶ!シリーズ)』に。横長の見開き2ページに4つのステップ(例題→例題の真似→類題→完成問題)構成。黒と赤の2色印刷で、ごちゃごちゃした小難しい説明がないのも低学年の子供用にいいんじゃないかと思う。すごくシンプルで。
これでだいじょうぶ!中1・2英語
どれからやらせるか迷ったけど、1の『中1英語の現在の文: be動詞と一般動詞』から順番にやっていくことに。1冊に31単元。今のところ1日1~3単元やっているからこの調子なら1冊2週間くらいで終わるかな。今、始めて1週間で1冊目のだいたい半分くらい。

ただ、残念なのが、このシリーズはこの5冊しか出ておらず。
オンライン英会話(DMM英会話)でやっている教材では未来形、過去完了形も出てきているので、それらや受動態とかもあればよかったなーと。

それと、このワークブックの丸付けをしていて思ったのは、日本文を英文に直すとか英文を日本文に直すみたいな問題があって、子供が若干戸惑いを覚えてるっぽいこと。オンライン英会話でも英語を英語で習っているから日本語での答え方が分からないらしく、どう書けばいいのか私に聞いてくることが何度かあった。学校英語の本だしこの辺はいずれこうやって学ぶんだし、慣れれば大丈夫かなーと。
あとは並び替え問題は大丈夫だけど、自分で文を書くのは間違えることがある。名詞の前にaを忘れたり、形容詞の前にaを書いたり。間違えても憶えていけばいいだけなので、次から間違えないでくれたらいいなあと。まあそのためにやってるんだし。と自分にも子供にも言い聞かせてそれぞれ丸付けとお直しやっています。

このシリーズで基本的な文法を身に着けて、読書をどんどんしていってくれればいいんだけど。日本語の本は割りと読書をよくしていて、結構言葉や漢字も憶えてきていると思うし、同じ調子で英語も読書を通して身に付いてくれたらいいなと。ちなみに、和書は魔法少女が好きで魔女っ子本ばっかり読んでる。黒魔女さんが通る!!、まじょ子シリーズなど。アニメはカードキャプターさくらの再放送を見ていた。プリキュアはもう卒業したらしい。他には若おかみは小学生!、こまったさん・わかったさんシリーズ、おばけの本とか図鑑とか、下の子供用に買っているおしりたんていなど。学校や地域の図書館で借りて読むのがほとんど。

今のうちの環境で子供が英語に触れられる時間や媒体は、平日3~5日の英会話25分と復習とワーク、Raz、カートゥーンネットワーク、Youtube、たまに買うチャプターブックくらい。子供のクラスに英語圏からの留学生とか来てくれたら刺激になるのになーと思うけど、まあないわな。子供のうちにある程度英語で話せるようになればそれなりに受験で有利になるだろうし、なにより興味が出る頃にアニメやコミック読み放題に洋ゲーやり放題。裏山鹿過ぎる。まあ実際真面目な話、受験で必要な英語はその時になれば学校の授業で十分だとは思うけど、本やコミックを読んだりアニメやゲームを楽しむためには慣れが必要だろうし、苦手意識を持たせないためにも今のうちに馴染んでほしいと思う。さらに会話も出来たらもっといいだろうなという理想。

タイトルとURLをコピーしました