子供用のDungeons & Dragonsの本を買ってみました

Dungeons & Dragonsの子供向けの本が出ているので購入してみました。

123s of D&D ABCs of D&D
今月発売された3-7歳向けのアルファベットと数字の絵本。

事前にamazonで予約して先週の発売日には届いていたのだけど、時間が取れず、週末にやっと読んであげられたので感想を少し。

『ABCs of D&D』は”A is for ADVENTURE.”から始まって”Z is for ZEAL,…!”、『123s of D&D』は数字1-10の後に1文BESTIARYという感じで。下の子は何となく読めるけど意味がわからないファンタジーによく出てくる単語が多く、ファンタジー物の導入にちょうどよさそうなので、しばらく読み聞かせしてみようかと。子供が3歳くらいの時に出ていたら長く使えたかもなぁと思うけど、自分が欲しくて買ったので後悔はないし、イラストもかわいくて子供も気に入ってくれてよかったな、と。

D&D好きの家庭の誕生祝いとかにいいかもしれないと思った。周りにいないけど…。

続いて、上の子用。
Dungeons & Dragons An Endless Quest Book
8-12歳向けのアドベンチャーブック。昔流行ったゲームブックみたいな感じで読み手の選択によってストーリー展開が変わって何度も楽しめる本。アドベンチャーシート的なものはなく、サイコロや筆記用具も必要ないタイプ。
上の子が読んでみたところ、大体10分くらいでTHE ENDに。

それで、読みながら子供が”Waterdeep”って何?とか聞いてくるので、
D&D 5th
5版のルールブックも買った。原書の方は数が既にいっぱい出てたり読むのしんどいしで、ホビージャパンから出てる日本語版にした。こちらはまだ5冊しか出てないから手が出せそうかなと。
『ダンジョンズ&ドラゴンズ 魂を喰らう墓 第5版』はボードゲームのPCゲーム版をやっていてTRPGの方も欲しかったのでちょうどいい機会だった。

Tales from Candlekeep: Tomb of Annihilation【1】ノーマルモードクリアしました
先月から少しずつやっていたのですが、ノーマルモードクリアしました。起動したまま席を外したりしていたので正確性に欠けるけど所要時間はだいたい10時間くらいかな。 DLC4つ入りのDeluxe Editionで、お金とかレジェンダリーアイテム...

3.5版はホビージャパンから出てたものなら『赤い手は滅びのしるし』とか『君が作る街、トーチ・ポート』含めておそらく全部持ってるんだけど、現行のもやっぱりあったほうがいいかなぁと。読む専ですが。

来月にはサプリメント『ダンジョンズ&ドラゴンズ ザナサーの百科全書 第5版』が発売予定になっていたので予約しておいた。

タイトルとURLをコピーしました