子供の英語記録2018年10月(小3・年長) Razでの多読が習慣化してきた

Classroom-Reports---Kids-A-Z-201810
Raz-Plusは上の子(小3)がIに。下の子(年長)がCのまま。
上の子はだいたい1日2-3冊。下の子はだいたい1日1冊。読まない日もあった。

上の子

オンライン英会話(DMM英会話)はだいたい週6回。テキストはSide by Side 3になった。

ワークは章ごとにまとまっている感じで、その日のレッスン内容に対応してる部分を指定してやらせるのがめんどうなので、その章が終わり次第やることにした。英会話でチャプター3をやっている間は復習としてワークはチャプター2をやるという風に。
英会話(子供英会話ページ)

Razで特に面白かったお話は、SISTER DAISY, SISTER ROSEARTHUR’S BAD-NEWS DAYCINDERELLOCY AND MEDUSAらしい。
レベルIになって1冊あたり約300語になってきて、毎日3冊分の音読聞くの面倒になってきた(私が)。

Audibleのオーディオブック掛け流しは10月も引き続き『The Girl Who Drank the Moon』。

正直何を流しておけばいいのかわからない。英検でリスニング苦手なのわかったから聞かせておいた方がいいんだろうけど。毎日の習慣として英語始めたの小学生からだからリスニング弱いんだろうか。就学前からしっかり聞かせておけばよかったなぁ。なんか申し訳ないというか後悔ばかり。はぁ。
上の子は余り音に興味示さないんだよなぁ。話すのも苦手だし。逆に文字だとひらがな・カタカナ・アルファベットは2歳になるまでには覚えてた。1歳半の頃にひらがなの一覧表置いておいたら興味持って、自分から文字を指差して教えてくれという感じの動作をしてきて、試しに文字を指差しながらあ・い・う…という風に順番に教えていったらその日の内に覚えてくれて嬉しかった。全然話さない子供だったけど話は聞いていたのかと安心した。そのまま1週間ほどで濁音半濁音等も覚えてくれて、その後すぐにカタカナ、アルファベットも分かるようになった。普段全然話さないのに、私が文字を指差す通りに、う・ん・こ、とか声に出してくれて面白かった。幼稚園に入ってからも本はよく読むけど殆ど話さない子供で、何を考えてるか全然わからなかった。小学生になってからやっと自分のこと話すようになってきた、という感じ。下の子と全然違う。下の子はよく話すタイプで園であったことをいつも話してくれるし、明日の準備も自分でできるし、自分の意見を言うのは上の子よりも上手いと思う。昔から上の子は動画を流しておけば何でも嫌がらずに見るので、Eテレの教育番組とか見せてたんだけど、今思えばこの時に英語のアニメを流しておけばよかった。下の子は嫌なものはしっかり嫌と言って拒否するんだよなぁ。うまくいかないなぁ。はぁ。
日本語でも耳で聞くより目で見たことの方が覚えてる気がしてきて視覚優位タイプなのかなと思ったりしたけど、全く聞いてないわけでもなく普通に日常生活出来てるもんな。英語のリスニングが苦手なのは単純に慣れてないだけだろうと思って聞かせていくしかないか。

下の子

たまにやってるワークは『Beginning Vocabulary: Gold Star Edition』が終わって『Spelling and Writing for Beginners: Grade 1』に。

1日2ページやったりやらなかったり。

あとはYoutubeで動画見たり。
毎月第1日曜日のスカパー無料の日に録画しておいたディズニーチャンネルとか子供向けのアニメを見せたり。
ディズニージュニアのドットが面白かったので探したらカナダの番組で、

https://www.cbc.ca/parents/shows/view/dot
CBC Kids | Play Games, Watch Video, Explore
Play free kids games, watch videos, and explore activities, quirky quizzes and fun facts. Watch Artzooka, Big Block Sing Song and more.

youtubeでフルエピソード配信してるっぽいんだけど、見事におまってたという。まあ仕方なし。
CBC Kids – YouTube
他は日本からでも見れる動画あったので子供に見せてみようかな~と。上の子も一緒に。

タイトルとURLをコピーしました