子供の英語記録2018年8月(小3・年長) 夏休み

Classroom-Reports---Kids-A-Z-201808
Raz-Plusは上の子(小3)がG、下の子(年長)がB。それぞれLevel Up!にあるG、Bの本は読み終わってるから次のレベルが表示されてるけど、Reading Roomにまだ未読本が。

上の子(小3)

8月前半は英検準2級の問題集『DAILY20日間 英検準2級集中ゼミ』を毎日1日分やった。大体7割くらい合ってる感じ。
8月最初の1週目までは準2級のmikanも毎日やってた。

長文ワーク『Nonfiction Reading Comprehension: Science : Grade 2』もやってた。ここまでは良かったんだけど中旬は外出続きでさっぱりやらなくなってしまった。
一応『DAILY20日間 英検準2級集中ゼミ』だけは私が声かけてやってはいたんだけど、mikanは本人の自主性に任せてあった。8月後半は私も疲れて英会話の予約くらいしかできず。(夏休み毎日丸一日子供達の相手するの本当に疲れる。下の子が一年生になったら少しラクにならないかなぁ。)
で、夏休み最終日に模試『7日間完成 英検準2級予想問題ドリル』やらせてみたら3割しか取れてなくて、だめだこりゃという感じ。本人もショックですげー泣いてて、哀れだし時間作って一緒に取り組んでた自分も惨めだしで自分も泣けてきた。
この4週間に一体何があったんだよって感じだけど、どうもmikanほとんどやってなかったみたいなんだよなー。7月に覚えてた単語ほとんどすっきり忘れてる。9月はリスニングと作文の練習やってけばなんとかなるかもな~とか楽観視してたけど甘かった。

さすがに単語覚えるくらい自分でやってくれないとどうしようもねーわ。英検受けたいって言ったのお前だろっていう。小3のこの時期のせいか親の言う事聞かなくなってきてるし、mikanやってる?って聞いても、やってるよ!(怒)とか言いながら実際は他のことしてたみたいだし、対策本は買ってあるからやりたかったら自分でやってねってスタンスで行くことにした。無理して英検受けなくていいし、私も消耗したくないし。

若干の不安を感じたので、3級の模試の大問1やらせてみたら(悔しくてまだ泣きながら解いてた)流石に全問合ってて3級の単語は覚えてるらしく、そこは安堵した。

準2級になってくるとsupplyとか供給って何?みたいな上の子が知らない単語が出てきたり、級が上がるにつれ社会性のあるテーマが増える傾向にあったので、今後のことも考えて子供向けの社会の本を買った。


これ買ったの模試で単語忘れてる事が判明する前なのでね。その時はこれ読めば単語の理解深まるしまだ学校で習ってない社会の関心も深まるしで一石二鳥だわいとか思ってたし、本人も供給とかボランティアのところ見て、へ~とか言ってたんだけど、既に完全に放置。4月から毎月買ってパラ見して置いてあるだけだった『ニュースがわかる』もバックナンバー再読し始めたりいい傾向にあって、ニュースの理解のために『ニュースがわかる』を買ってみたものの、その『ニュースがわかる』に出てくる用語がわからないという状態から脱した感あったんだけどな。まあ、興味出たらまた読めばいいかなーと。

ということで、英検は対策本は用意してあるし本人に任せることにして、私は英会話の予約と復習ワークの丸付けだけは面倒見ることにした。英語に限らずもう1人で勉強できるようにならないとこの先悲惨だろうし。自主学習の習慣つけないと辛いだろ(経験談)。

いやー、単語大事!忘れると正解率7割が3割に落ちる。逆に言うと単語覚えればなんとかなるかもしれないということ。勝機はある。やりたいなら頑張れ!

一方、英会話は依然楽しいらしく、最近は国ごとにバッジがあることにとうとう気付いて、バッジ集めたいとかでいろんな国の先生とレッスンしてる。いつもの先生の予約が取れない時に他の先生を探す感じで。
英会話(子供英会話ページ)

あと、先日の記事にも書いたけど、子供にKindle Paperwhite買った。二人で寝室に行って各々好きな本読みながら眠くなった方から寝るようになったっぽい。それまではなかなか寝なくて遅くまでキャッキャと話し声が聞こえてたんだけど、静かになって嬉しい。上の子はHarry Potterの原書を読もうとしていたけど難しくて無理!となって和書の方を読んでる。映画にはなかったシーンがあったり楽しいらしい。

子供用にKindle Paperwhite マンガモデルを購入しました(Audibleについても)
夏休み中にふと思いついて、しばらく使ってなかった自分用のkindle端末に子供用の本だけ入れて子供に貸してみたら、思いの外読書したがるようになって、こんなことなら7月のprimeセールの時に買っておけばよかったなーと思ってたところに、ちょう...

下の子

ワークは『Beginning Reading, Grade 1: Gold Star Edition (Home Workbooks)』が終わって『Beginning Vocabulary: Gold Star Edition (Home Workbooks: Gold Star Edition)』に。
下の子も8月上旬までは毎日Razとワーク、和書の読書をやってたんだけど、中旬からほとんどやらなくなった。下の子は嫌なときは嫌!としっかり言うので、無理強いするのもな…と思い、強制せず。
どうしたらいいんだろう。一緒に本読んだりYoutubeの動画流すくらいしか思いつかない。上の子がワーク始めたの小学生になってからだったし急がなくてもいいのかな。
たまに下の子からワークやりたい!と言って持ってくることもあるので、そういう時に一緒にやっていこうかと。

和書は寝る前にkindleで『こぐまのクーク物語』を読んでる。
それと『頭のいい子を育てるおはなし366』。この本、上の子の入園前に毎日寝る前にkindleで読んであげていて、下の子の寝かしつけで私が読んであげられなくなってきたら、上の子が自分で読みたいと言ってそれから毎日1話2年ほど読んでた。この夏に下の子がカチカチ山読みたいというから、書店で見かけて本を開いてみたら小さい字でびっしりお話が書いてあって、年少の時にこんなの読んでたのかよ、とちょっとびっくりしたんだけど、kindle版だと文字も大きく出来るし、漢字にルビが振ってあるから漢字の横にあるひらがな読んでいけばいいよと教えておけば自然と読んでた。内容は殆どわかってなかったと思うんだけど、文字を目で追うのは鍛えられたせいか、上の子は本を読むのが結構早い。私と同じくらいの速さで読む。ここ10年ほどまともに読書出来てないから単に私が遅いだけではあるんだけど。そういや下の子にはこういう日本語の昔話みたいなお話は読ませてなかったなと思い、kindleに入れてあげた。

こぐまのクークは4年前のkindle角川祭りで安く買えた物で、新刊持ってないから買ってあげようかなと。ニコカド祭り10月だっけ?安くなってたらいいなぁ。
おはなし366もデイリーセールとかで買った記憶。あの頃忙しくてまとまった時間は取れないけどコマ切れのスキマ時間はあって、kindle本とかsteamのセールチェックするのが半趣味化してた。
来年下の子も小学生になるし、もう使わないおもちゃ片付けないとな。私も生活習慣見直して時間の使い方うまくならないといけないな。

今回の上の子の英検のことで、実はかなり落ち込んでしまって、家庭学習の難しさというか、もう子供がこれくらいの歳になると親子間でお互いに認識のズレが生じてくるんだなというのを実感したんだけど、これも子供の成長なんだろうと思ってもう怒らないことにした。まぁ、既にギギギ・・・から怒り散らして疲れて寝て自己鎮火しただけなんだけど。
もう親の言うこときかねーし、その場しのぎの嘘や言い訳も言うし。家でこんな様子でも学校では先生の言うことはちゃんと聞いてるらしいんだよな。忘れてたけど私にもそんな時期あったしそんなもんなんだろうな。

タイトルとURLをコピーしました