上の子(小3)英検準2級一次試験の結果、不合格

いやー。残念でしたね。

でも、失敗は次回に活かせばいいのでね!落ち込んでてもしょうがないのでね!元気出して!

ということで、スコアなんですが、
201902_pre-2_2
11点足りなかった!

あと1問正解してたら受かってたかもな~という微妙な感じでしたね。

上の子は悔しがってしばらく泣いてましたね。その後、おやつ食べて普通に下の子とゲームで遊び始めたので大丈夫かな…。

分野別にみると。
201902_pre-2_3
リーディングもリスニングも試験前日に自宅でやった過去問だと4割しか取れてなかったのだけど、当日の試験では6割取れてたみたい。本番に強いというか、むしろ家だと集中できないんだろうか。そんなに環境悪くないと思うんだけどなぁ。その辺は、春から下の子が小学生になれば改善するんじゃないかと期待。

リーディングは結果発表前の解答速報での丸付け通り。今回はメールの問題丸ごと全部間違えてたのでもったいなかったかな。所要人物が女性3人だったから、youが叔母、sheが祖母っていうのをちゃんと読み取れなかったらしく。すごく基本的なことだと思うんだけど、これは普段の読書等でも読み間違えてる可能性があるのでしっかり注意を払っておかないといけない気がした。その後の長文は1問しか間違えてなかったんだけどなぁ。動物のお話だったから読みやすかったんだと思う。テーマに政治経済なかったからラッキーだったかも。

問題用紙に回答を写してこなかったリスニングだったけど、予想より得点できてたので、そこはよかったなーと。3級の時より得点率上がってる。合格者平均超えてる。リスニングは上がりやすいのかも知れない。上の子が(というより親が子供に対して)真剣に英語学習を始めたのが小学生になってからだったので、もっと早くからやっておけばよかったーと思い続けているんですが、小学生からでもなんとかなるかもしれない。ここは褒めて伸ばしておかないと。実際、過去問や練習問題でも、リスニング問題は復習がラクだった。1度聞いて分からなかった問題は、解答を提示しないままもう一度解かせたら大体正答できていた。おそらく1回では聞き取れない箇所があるんだろう。試験では1度しか問題文が流れないから、しっかり聞き取るようになれないとなぁ。あと、リスニングは音源がついているので復習がラクだった。特に解説しなくても、音声流すだけでOKという。分からない単語あったら教えるくらいで済む。

ライティングは悲惨でしたね。合格者平均をかなり下回ってる。メイン受験者層の高校生以上なら得点源になり得るのになぁ。上の子の書いた作文は、理由の2つ目が意味不明だったのでこれがかなり大きい減点要素だったんじゃないかと。文法的にも間違ってて意味不明になってた。せめてwithをatにしてたら意味が通ったかも。でも、スペルミスなかったし、指定の文字数で雛形通りに書けていたのはよかった。自力で英検対策本一通りやっていたのでね。そこは褒めておきたい。時間がなかったとはいえ、理由の考え方について一緒に対策できなかったのは失敗だったかな。普段の練習問題ではそこそこちゃんとした理由が書けていたので今回のライティング結果は誤算だった。

所感としてはだいたいそんなところです。

受けるのは私ではなく子供なのでね。一番悔しいのも本人だろうし。やりたければ、また挑戦していけばいいんじゃないかと!応援と協力はする!

タイトルとURLをコピーしました